あなたの体や心の不調は、かくれ低血糖症が原因かも?

こんにちは。Taylorです。

あなたは、

  • 「なんとなく体がだるい」
  • 「いつも甘いものが食べたくなる」
  • 「食後、眠くてしょうがない」
  • 「イライラするコトが多い」
  • 「怒りっぽい」
  • 「寝てるのに疲れがとれない」
  • 「やる気がでない」
  • 「いつも疲れている」
  • 「落ち込みやすい」
  • 胃腸がスッキリしない
  • 頭痛になりやすい


というようなことはありませんか?

もしも思い当たるものがあった場合、かくれ低血糖症である可能性があります。

僕も脅すようなコトがしたいわけではありません。
でも、自分の経験から「もっと早く気付いて、キチンと対処がてきていれば…。」と思うのです。

なので、潜在的に、世の中にたくさんいる「低血糖症になってしまいそうな人」たちに、気付いてもらいたい。

将来ツラいおもいをしないように、どうにか一人でも食い止められれば、と思っています。

10人に1人は、かくれ低血糖症?

ところで、食後に血糖値が急上昇して急降下してしまう現象は「血糖値スパイク」と呼ばれています。
この「血糖値スパイク」が起こる人は、全国で推定1400万人以上いると言われているそう。

これは日本人の10人に1人が「血糖値スパイク」を起こしているというコトです。

「血糖値スパイク」があるというコトは、低血糖症状も、ある程度でているのではないでしょうか。血糖値スパイクのある人は「かくれ低血糖症」だと考えておいたほうが良いと思います。


「『血糖値スパイク』が心の不調を引き起こす・溝口徹」より引用




さて、少し話が変わるようですが、僕は仕事柄たくさんのお客様一人一人とお話します。

お客様にお聞きする内容は「日頃の健康状態」や「食生活」のコトだったりします。

お話をお聞きしていると、
「それは低血糖症の症状では…。」
と思うコトや
「その食生活だといつか低血糖症に…。」
と思うコトが多々あります。

そして僕の独断の統計的には、
『2人に1人、もしくは3人に2人くらい、ほとんどの人が「かくれ低血糖症」なのでは…?!』
という結果が出てしまいました。

どんな定義で「かくれ低血糖症」とするか?にもよるでしょうが、10人に1人どころではない!!と感じるのです。

この糖質まみれの現代食品産業の中で普通に食生活を送っていれば、もれなく全員の方に低血糖症がプレゼントされちゃいます。

あなたの体が「糖質に反応するセンサー機械」になったつもりで、一度、スーパーやデパ地下、あるいはコンビニなどを歩いてみてください…。

ピーピーピーピー、反応しまくりです!

かくれ低血糖症を防ぐために、どんな食事をすれば良い?

朝食はカフェのモーニングメニューでパンと甘いコーヒー。昼食はオシャレにパスタ&デザートでクリームやジャムののったパンケーキ。夕食はお米も摂りたいのでカツ丼。

このような食事は糖質だらけです。

ざっと計算して、1日で角砂糖115個分の糖質をとっています。100個オーバーです!

パンケーキの上にクリームとジャム、ご飯の上に揚げ物のパン粉と甘いめんつゆ、、、このような、糖質on糖質のメニューも、世の中にはたくさんありますね。焼きそばパンや、スパゲティーサンドなんかも、小麦で小麦を包んでいます。

糖質をとればとるほど、かくれている低血糖症は、少しずつあなたの体に近づいてきます。

「気をつけていないと糖質まみれになってしまう!」というコトに気がついて、できるかぎり糖質の少ない食事を心がけるコトが、低血糖症を防ぐためには、何より大切です。

では、以下に現代食品産業の中で生きる私たちが、特に気をつけたい食品をあげておきましょう。

現代で気をつけたい食品

コンビニなどに羅列されているプリンやケーキ、ゼリーなどのスイーツ!!レストランやカフェのデザートも糖質いっぱい!


ジュース類!カフェの甘いメニューもです。ヨーグルトドリンクや野菜ジュース、フルーツジュースなどはヘルシーなイメージですが、糖質いっぱいですよ!


クリームやジャムといった甘い味付けをするためのもの!単糖類の直撃でこれも危険!!


アイス類!見るからに危険そうな顔をしてます!!


お菓子類!!おせんべいもポテトも甘くないけど糖質いっぱい!お菓子類は、ほぼ全滅と考えてようでしょう。


白米!!美味しいですよねー。でも糖質いっぱいで、栄養素はほとんど取られちゃってます。「食事の最後に少しだけ」を心がけましょう。


パン類!グルテンですよ〜。糖質も高いのでひかえましょう!


麺類!春雨なんかもヘルシーなイメージを持たれていますが、糖質はとても高いですよ!


味付け商品!ソース、タレ、ドレッシング、つゆ…などなど。果糖・ブドウ糖液糖・水アメなどがたくさん入ってます!



これらの食品を、極力ひかえめに食べるように心がけていれば、「かくれ低血糖症」の影も遠くはなれていってくれます。

まず初めに糖質を減らす量は「半分だけ」でも良いと思います。その分タンパク質などを多くとると理想的ですね。

最後に、「できる限りひかえめにしたい食品」の大集合した画像を貼っておきます。

この画像を保存して携帯の壁紙にしましょう。

ではさっそく、保存して設定してください。




できましたか・・・?

はい、ありがとうございます。

コレで、いつも食事のときに糖質を意識できるようになるので、キチンと携帯の待ち受け画像にしてくれたあなたは(笑)「かくれ低血糖症」とも、今日でオサラバ。

これからさき未来の人生、ますますパワフルになりますよ〜。

それでは、今日はここまで!

☆アディオス☆

このブログをかいている人

Taylorです。2016年に低血糖症を発症し栄養療法にて体質改善に奮闘中!伝えたい一言は『人生は食べたもので作られる』。