こんにちは。タミチチです。

先日運命の出会いを感じ、即来院を決意したクリニックに、この日、初めて診てもらいにいきました。

初回は血液検査のための血液をとるかと思っていたので、食事は取らずに朝一番で出発。

早くに診てもらいたかったので余裕をもって出たら、開院の時間よりかなり前についてしまい、しばらく外で並んで待っていました。

僕と同じように早くついて並んでいる方が数名いらしたのですが、元気そうなおじさんもいれば、かなり厳しい状況という感じの女の子まで、色々な人がいました。

診察を待っている間、診察室からは先生の大きな笑い声や、勇気づけの言葉が聞こえてきていました。






さて、実際に溝口先生と初めてお会いしたときの僕の第一印象は、「お〜カッケ〜!」でした。

本の紹介などで出ている写真と印象がかなり違って、バリッとしてがっしりして背の大きい先生だったんですね。

僕が写真で見る感じのイメージではもう少し色白で、細くて小さい方かと勝手に思っていたので、診察室に入ったとき「あれ、別の先生に診てもらう感じになっちゃったの?」と、一瞬思ってしまいました。

この風貌で色々と健康について、食事や栄養についてのアドバイスをいただけると、説得力が凄いです。

「この先生の言うことを全て守れば、同じようにがっしりとした健康的な体に自分もなれるはず!」そう感じました。

さて初回は血液をとって、データが来るまでの間は、僕の体の様子も何ともわからないので、今回の診察はこれにて終了です。

去年の秋から始まり、今日この日まで「何があったか」と「どんな体の様子になっているか」の経過を、なるべく全て伝えれるだけ伝えました。時間をかけてしっかり聞いていただけました。

結果は2週間後。

その日が待ち遠しいですね。


このブログをかいている人

タミチチです。2016年に低血糖症を発症し栄養療法にて体質改善に奮闘中!伝えたい一言は『人生は食べたもので作られる』。