こんにちは。タミチチです。

ココナッツバターは非常に栄養価が高く、さらに糖質制限している人が一番気になる“糖度”が低いにも関わらず甘くて美味しい。

でもなぜか、あまり注目を浴びていない。

今回は、そんなスーパーフード・スイーツ、ココナッツバターについてお話ししていきますね。

きっと糖質制限中のあなたにも重宝してもらえると思います。

糖質制限中、甘い物がガマンできないとき最適なココナッツバター


糖質制限をしているとき、僕のようにもともと甘いものが大好きだったタイプの人間は、糖質をどうしても欲してしまいます。

糖質制限を始めてからも、“甘いものは我慢して食べないようにしている”と言う状態。

『甘さがありつつ糖度の低いもの』があれば助かるのですが、手軽にスーパーやコンビニなどで買えるおやつやスイーツ、デザートのようなものは、加工食品でありつつ、『砂糖』や『ブドウ糖』、『果糖』、『水あめ』のような単糖類を使ったものばかり。

それらは糖度もGI値も高く急激に血糖値を上げてしまうので、微量で済ませないと非常に危険ですね。でも、ほとんどの加工食品が微量ではなく、単糖類の糖質が大量に入っています。

ちなみに、ココナッツバターは多糖類。 GI値は砂糖100に対し、ココナッツバターはなんと30程度しかないそう。

(単糖類のことについてはこちらの記事でも触れています。)

もし単糖類の糖が入っていなかったとしても、それらの加工食品やお菓子などにはほぼ99%と言って良いくらい、保存料、人工甘味料、香料、着色料、植物性油脂、ショートニング、マーガリン、小麦、乳製品など、ありとあらゆる危険物質が含まれているでしょう。

“糖質制限中のオススメおやつ”として、“スーパーやコンビニの加工食品”を紹介しているブログなどが多く見受けられますが、絶対に言うこと聞いちゃダメですよ!体に良いことないですから!

このように、加工食品のほとんどにグルテンや単糖類の糖質、その他さまざまな危険物質が入っている現代の日本で、引きこもり、いじめ、うつ、異常な事件などが多発するのは必然の結果ですよね。

そんな状況の中、小さい頃から甘いものに舌を洗脳されてきてしまった私たちが、『糖質をほとんど欲さない』という状態になるまでには、どうしても時間がかかってしまいます。

あなたも「糖質制限中に何か食べられる甘いものがあったらいいのになぁ」なんて考えたことはありませんか?

そんな時にとっても大活躍してくれるのが、今回のテーマであるココナッツバターです。

ココナッツバターの優れた力と、特徴


先日の記事で紹介した溝口先生の本の中に、このココナッツバターのことが紹介されていました。

ココナッツオイルの大変優れた栄養価や中鎖脂肪酸を取りつつ、甘味を味わえると言うことで、即検索、即購入しました。

(ココナッツオイルの詳細については、こちらの記事へ。)

簡単にいうと、『中鎖脂肪酸・酸化を防ぐ・GABAを増やす・抗菌作用で腸内環境を改善』など、ココナッツオイルはたくさんの優れた力を持っています。

そして何より、ココナッツバター最大の優れた魅力は【甘い】というところ!

非常に低いGI値で、かなり甘く感じるのに糖質の含有量がかなり微量です。

実際の表示を見ればご理解いただけると思います。

大盛りスプーン一杯くらいで、糖質1g程度といったところでしょうか。

糖質制限をしている私たちには、ほんとうに助かりますよね。

実際に食べてみると、本当にそれくらいの微量なのかと疑ってしまうほど甘みを感じます。

糖質制限中に、こんな甘くておいしいものを食べれて、しかも体に良いことずくめなんて、ホントにすごいスーパーフード!

ということで、実際に私が購入しているココナッツバターはこんな感じの商品↓↓↓

Artisana, オーガニック、生ココナッツバター、14 oz (397 g)

はじめはアマゾンで購入しましたが、コスパ的な事情で最終的にこちらになりました。

そのままスプーンですくって食べるだけでも本当に美味しくいただけます。


ココナッツバターの注意点

ココナッツバターについて一つ注意点があります。

ココナッツオイルも同様なのですが、『気温が寒くなると固まってしまう』というところです。

暖かい季節は問題ないのですが、冬場にスプーンですくって食べようとしても、かなりカチカチになっていて、一生懸命スプーンでガリガリ削りながら食べることになります。

けっこう大変です。女性は特に、この力ずくの作業がイヤになるでしょう。

冬場の対策としては、『ココナッツバターをぬるま湯にしばらくつけておいて、緩まったらすくって食べる』もしくは、『ココナッツバターを一度ぬるま湯につけるなどして緩めたら、その時に食べる量くらいずつに小分けに別の入れ物などに分けておく』などの工夫が必要になってきます。

いずれにせよ、甘くておいしいので、これくらいの事はまったく苦にならないくらいですけれども。


ココナッツバターで、クルミ入り板チョコレート作ってみた


クルミのオメガ3とココナッツバターの栄養価を一気に摂ることができるスーパーフード・ホワイトチョコレートを作ってみました。

レシピは以下のとうりです。

材料
・ココナッツバター
・クルミ
作り方手順
  1. クルミをジップロックなどに入れて、細かく砕く
  2. ココナッツバターを型に流し込む
  3. 砕いたクルミをそこに入れる
  4. 冷蔵庫で冷やす

クルミを砕き、

ココナッツバターと一緒に、型に入れる。

冷蔵庫で冷やして固まったら、ココナッツバターチョコ完成!


超簡単。

あっという間にスーパーホワイトチョコレートの完成です。

そして、食べてみると・・・

う、うま〜い!

これ本当に美味しくて、栄養高くて最高です。

さらに、ここにココアパウダーを追加すれば、ホワイトじゃない普通のカカオチョコ風味のチョコレートが完成します!

こちらもぜひお試しください。

ほんとうに甘くて美味しいのに、さらにスーパーフードであるというココナッツバター。

糖質制限中のあなたにとっては本当に助かる救世主となってくれるはずです。

『糖質制限していない』という人にとっても、ココナッツバターは栄養価が高く非常に優れた食品ですので、おやつとしてぜひ活用して欲しいと思います。

ということで、今回はスーパーフードであるココナッツバターについてのお話でした。

一家に一つ、必ずキープしておきたいマストアイテムですね!
↓↓↓
Artisana, オーガニック、生ココナッツバター、14 oz (397 g)




このブログをかいている人

タミチチです。2016年に低血糖症を発症し栄養療法にて体質改善に奮闘中!伝えたい一言は『人生は食べたもので作られる』。