こんにちは。Taylorです。

めまい・ふわつき・目の奥の違和感・重くて体が動かない・動悸・胃腸のむかつき・首や肩のしめつけ感・頭の血がパンパンになる感覚など、いわゆる一般的に「自律神経失調症」と総称されているような症状が、おさまらないまま半年が過ぎました。

漢方による体質改善も2度失敗に終わり、この頃の僕が取り組めるコトは「整体で体の構造的ストレスをなるべくとるコト」と、お客様に勧められてはじめた「糖質制限(この時点では、健康のためになるべく糖質を控えよう、程度)」の、2つになっていました。

4月の21、22、23日の手帳に書き込んであるメモはこんな感じです↓

何が原因か突き止めようと食べたものをメモしたり、夜中に目が覚めた時の症状をメモしたりしていますね(自分しか見ないから字がテキトーです。読めるかな?)。

今になって読み返すと、いろいろなコトがまだこの時はわかっていなかったんだなぁと、改めて感じます。

そして、4月23日の夜から24日の朝にかけて、睡眠時間中の症状では過去最高にキツイ状態に襲われました。

何度も何度も寝てはさめ寝てはさめ、ドキドキとムカムカとフワフワの嵐!

炭水化物(白米)の大量摂取が、低血糖症を知るきっかけに

そして朝をむかえ、昨晩食べたものを振り返りました。

野菜もあまり取らないまま「いなり」「かんぴょう巻」を大量に食べたな、、、。

コレかな〜と思い、「いなり寿司」「めまい」などのキーワードで調べてみました。その検索で出てきた「血糖値」などのキーワードから更に「低血糖」のキーワードが。そして最終的に「低血糖症」という症状を、このとき、はじめて知ることになりました。

「コレだ!!こんなのがあったのか!」

と見つけた瞬間、すぐに感じました。なぜなら、例として書かれている症状が全部、自分に当てはまったからです。

「低血糖症」のキーワードで調べると、更にたくさんの情報を知ることができました。

「体に良いだろうから、いちお糖質制限しとこう。」という考えが、これを機に「自分の状況には糖質制限必須!」に変わったのです。

極端に糖質(白米)の摂取をして大変ツライ状態になりましたが、おかげで「低血糖症」のコトを知ることができました。

そして、この日から糖質をかなりおさえた食生活を始めることに、、、。

はい、今日はここまでです!

それでは、

☆アディオス☆

このブログをかいている人

Taylorです。2016年に低血糖症を発症し栄養療法にて体質改善に奮闘中!伝えたい一言は『人生は食べたもので作られる』。